チェックレイズの使い方|やり方や対策などを丁寧に紹介

PokerChoiceを信頼できる理由
  • ポーカーの専門家5人による情報の提供・発信(ライター・監修者一覧
  • ポーカープロ・大型トーナメント上位者による記事監修
  • 実際の生データによる検証・実験
  • 第三者からの客観的な評価軸による発信(コンテンツ制作ポリシー

戦略や評価を含むPokerChoiceのコンテンツは、ポーカープロや国内外大型トーナメント上位者を含む編集者のチームによって監修されています。コンテンツ編集者は、編集の完全性に関するPokerChoiceの厳格なガイドラインに従います。

本記事はこんな疑問や悩みを持つ方におすすめ!
  • チェックレイズという言葉の意味がわからない
  • どういうときにチェックレイズをしたら良いのかがわからない
  • いろいろな戦術を知りたい

この記事では、テキサスホールデムポーカー(以降、ポーカー)における、チェックレイズ(Check Riase)というアクションについて解説します。

厳密にいいますと、チェックレイズは単体のアクションではありません。

チェックレイズとは、チェックしたあとに、相手のベットに対してレイズを返すという、アクションの組み合わせです。

基本的なアクションができるようになったら、こういった戦術を学ぶとスキルアップになります。

他にもトーナメントの戦略は多く存在するので、興味のある方はチェックしておきましょう。

この記事では、チェックレイズの有効なやり方や対策などについて解説していきます。

この記事のライター
Chika 27歳・ポーカー歴4年
ライブトーナメント獲得賞金額1,500万円超

MTTが得意で年間7~8回ポーカーのために海外遠征する

チェックレイズとは?

チェックレイズとは?

チェックレイズとは、ポーカーの戦い方の1つです。

一度チェックしたプレイヤーが相手のベットに対してレイズする戦術を指します。

Chika

チェックレイズを使うべきタイミングや目的を理解することで、プレーの幅が広がり、チップ獲得の機会は確実に増えます!

ベットとチェックレイズの違い

ベットとチェックレイズの違い

ベットとは、まだチップを賭けている人がいない中で、自分からチップを賭ける行為です。

一方、チェックレイズとは、「先に自分がチェックし、相手からベットされた後、それに対してレイズをする行為」です。

自らチップを賭けるか相手に先に賭けさせてからさらに大きくチップを賭けるかに違いがあります。

そのため、チェックレイズは強いアクションと認識されることが多く、とても強い役をもっていることの主張になります。

チェックしたあとに相手からベットされときにはコールすること(=チェックコール)も可能ですが、コールでは止まらず、レイズを選択するのがこの戦術です。

「一度弱いフリをして相手からチップを引き出した」とも解釈されます。

単にベットするよりも、チェックレイズする方がとても強い役に見せることができます。

Chika

特に自分がアウトオブポジション(先にアクションする側)の場合は、ドンクベットよりもチェックレイズを選択することの方が多いです!

イニシアチブとチェックレイズ

イニシアチブとチェックレイズ
アグレッションとチェックレイズ
  • イニシアチブが自分にあるとき
  • イニシアチブが相手にあるとき

チェックレイズを行うには、ポジションとイニシアチブが重要になります。

まず、相手に対して先にアクションを行うポジション(アウトオブポジション)でしかチェックレイズはできません。

なぜなら、チェックレイズは先にチェックをする必要があるからです。

またイニシアチブとは、「主導権」のことです。基本的には、プリフロップでレイズで参加したプレイヤーがイニシアチブを握っている状態となります。

なぜなら、プリフロップにおいてコールで参加しているということは、AAやKKなどの強いハンドは基本的に想定されません。

強いハンドならば、コールではなくレイズで参加するはずだからです。

一方、レイズで参加したプレイヤーはさまざまな強いハンドを持っている可能性があるため、イニシアチブを握ることができるのです。

Chika

プリフロップでイニシアチブをとっておくと、その後のプレーを有利に進めやすくなります。

イニシアチブが自分にあるとき

通常、自分にイニシアチブがあり、かつOOP(アウトオブポジション)の場合、チェックで回す行為は珍しいと判断されます。

なぜなら、前回のベッティングラウンドで優位に立っているので、引き続き強いハンドを主張できるからです。

プレイヤーのチェックレンジの広さにもよりますが、多くの場合でベットができます。

そのため、イニシアチブが自分にあるときのチェックレイズはインパクトが強いです。

一度弱気のチェックをしたかに見せかけて、相手がベットしたらレイズを返すので、相手は予想外で驚くでしょう。

Chika

チェックレイズを見せた以降、チェックを選択すると、「チェックレイズを狙ったハメチェックか?」と、相手を惑わすことにもなるでしょう。

イニシアチブが相手にあるとき

逆に、イニシアチブが相手にある場合、OOP(アウトオブポジション)でコールした自分側はチェックすることが多いので、その分、チェックレイズする機会は多くなります。

プリフロップでイニシアチブを握ったプレイヤーは、フロップでも自分の強さを主張する為にC-bet(Continuation Bet:続けてフロップでもベットをすること)をすることが多いからです。

また、イニシアチブが相手にあるにもかかわずチェックレイズした場合は、「フロップによって強さが逆転した」ことを主張することになります。

バリューにしろ、ブラフにしろ、強さの主張になるのです。

チェックレイズをする場面

チェックレイズをする場面
チェックレイズをする場面
  • バリューを多くとりたいとき
  • 自分のハンドを強く見せたいとき
  • 相手のベット頻度が高いとき

チェックレイズが有効な場面には、バリューベットを多く取りたい時、自分のハンドを強く見せたい時、相手のベット頻度が高い時が挙げられます。

とりあえず試してみることも大切ですが、しっかりとチェックレイズをする目的を考えてから実践できるようにしましょう。

バリューを多くとりたいとき

自分が強い役を持っていてバリューを多くとりたい(相手からチップを多く引き出したい)場合、チェックレイズが有効です。

これにより、相手もそれなりに強いハンドやドローハンドを持っていた場合、チェックレイズに対してもコールする場合があります。

このとき、相手より先にベットするよりも、ポットサイズが大きいので、たくさんバリューをとれる状況を作り出すことに成功しているといえます。

Chika

例えば、自分がフルハウスを完成させている状況でチェックすると、相手がツーペアやスリーカードだった場合、ベットしてくることが多いと思います。それに対しチェックレイズをすることで、相手からマックスバリューを引き出せる、といったケースです。

自分のハンドを強く見せたいとき

逆に、ブラフで自分のハンドを強く見せるためにチェックレイズを行うこともできます。

これにより、相手はあなたのハンドがとても強いと誤解しフォールドをすれば、ポットを獲得することができます。

強く見せられるかどうかは、フロップ次第です。

Chika

たとえば、フロップに「567」が落ち、自分が「Q8」を持っていたとします。
ストレートドローはありますが、現状Qハイで負けていそうな場面でチェックレイズを行うと、相手はストレートを警戒し、フォールドを誘発できる可能性があります。

相手のベット頻度が高いとき

相手が頻繁にベットする傾向がある場合、チェックレイズが有効になることが多いです。

相手のベット頻度が高いということは、完全何もないエアーのブラフベットや、ショーダウンバリューのあるようなハンドでもベットしたり、ドロー系でもベット(セミブラフ)している可能性が高いです。

そんな相手の場合、ポットサイズを大きくしてくれるので、自分が強いハンドを持っている時はより多くのバリューを得るチャンスとなります。

仮に役が弱くても、ブラフ寄りの相手からのベットに対してさらにブラフでチェックレイズしてポットを獲得することも可能です。

そのため、バリュー目的でもブラフ目的でも、ベット頻度の高いプレイヤーに対してはチェックレイズが有効だと言えます。

Chika

相手プレイヤーの傾向を把握しておくことが使い分けの判断に重要ですね。
また、チェックレイズに失敗した場合は、GTO Wizardでハンドを振り返ってみるのがおすすめです。

チェックレイズが有効なシチュエーション

チェックレイズが有効なシチュエーション
チェックレイズが有効なシチュエーション
  • ベットの頻度が高い相手がいるとき
  • マルチウェイ(参加者が複数人いるとき)
  • スタックが深いとき
  • リバーで強い役が完成する可能性があるとき

チェックレイズが有効なシチュエーションには、先述したようなベット頻度の高いプレイヤーがいる場合の他、複数のプレイヤーが参加している場合、スタックが深い場合が考えられます。

ベットの頻度が高い相手がいるとき

先に説明した通り、頻繁にベットするプレイヤーがいる場合、チェックレイズは相手を制御し、チップを増やす手法として有用です。

また、全体的にアグレッシブなプレイヤーがいた場合、彼らに対しては、他のプレイヤーはチェックレイズを用いて警戒させ、アグレッシブさを制限することもできるでしょう。

Chika

エクスプロイトのための選択肢としてチェックレイズをどんどん使ってみましょう!

マルチウェイ(参加者が複数人いるとき)

複数のプレイヤーが参加しているマルチウェイの場合、後ろにアクションを控えているプレイヤーが多いので、現状強いハンドは捲られないためにベットされる可能性が高いです。

そのため、OOPでかなり強い役ができたときは、チェックレイズのチャンスがあります。

マルチウェイのチェックレイズはポットが膨らむため、より大きなバリューを取ることができる機会となります。

また、逆にマルチウェイでのチェックレイズは、非常に強いハンドを保持していることを相手に誤解させるブラフにもできます。

Chika

ただしマルチウェイの場合、全員を降ろす必要があるため、リスクも大きいです。

スタックが深いとき

スタックが深い場合、チェックレイズに降りにくい人が多いです。

スタックが浅く、すぐにオールインになってしまう場合は、チップが0になってゲーム終了になるリスクがありますが、スタックが深いときはそのリスクがないので、コールに偏りやすいです。

このときは基本的にバリュー目的でのチェックレイズが効果的だと考えられます。

Chika

ただ、スタックが深い方が基本的にベットサイズなどアクションの判断が難しいです。
最適なアクションは、GTO Wizardで勉強するようにしましょう。

リバーで強い役が完成する可能性があるとき

チェックレイズはブラフの場合、フラッシュドローやストレートドローなどの強い役が完成する可能性があるハンドを使用します。

つまり、フロップやターンの時点でまだドローのハンドをチェックレイズすることで、たとえブラフでもフォールドエクイティを取ることができます。

勿論、リバーでも有効なアクションなので戦略をあらかじめ座学しておくのも良いでしょう。

Chika

勇気のいるアクションですが、決まると非常に強い戦略になります。

チェックレイズに関するQ&A

チェックレイズに関するQ&A
チェックレイズに関するQ&A
  • チェックレイズはマナーが悪いですか?
  • チェックレイズのサイズはどのくらいの大きさですか?
  • チェックレイズにコールされたときのアクションはどうすればいいですか?

チェックレイズについてよくある質問をいくつかご紹介します。

チェックレイズはマナーが悪いですか?

A. チェックレイズは一般的なポーカーマナーに反するものではありません。

むしろ、上級者なプレイヤーが用いる有効な戦術の1つです。

ただし、チェックレイズするときに相手を煽る発言は絶対にNGです。

まれに、チェックレイズされた側のプレイヤーが驚いたのか感情的になる人もいますが、チェックレイズはマナー違反ではないので、ご安心ください。

Chika

ただ、実は昔はチェックレイズはマナー違反と言われていた時代もありました。
老舗のポーカールームでは、「チェックレイズ禁止」の張り紙を貼っていた店舗もあったとか!

チェックレイズのサイズはどのくらいの大きさですか?

A. チェックレイズの金額は、ポットサイズや相手のベット、スタックによって変動します。

相手のベット額の3倍くらいのレイズがよく使われますが、状況に応じて変えることが重要です。

たとえば、自分がストレートを完成させたとき、相手がスリーカードをもっている見込みがあるならば、かなり大きいレイズ額でもコールしてもらえるかもしれません。

また、相手がトップヒットを絶対に降りないと分かっている人であれば、オールインも肯定されるでしょう。

このように、相手に合わせてチェックレイズの額も柔軟に変更させましょう。

Chika

ある程度ポーカーに慣れれば、だんだんと相手の特徴を掴みやすくなり、ハンドも予測できるようになってきます。
KKPOKERなどのポーカーアプリで、ハンド数をこなしていくことが重要です。

チェックレイズにコールされたときのアクションはどうすればいいですか?

A. チェックレイズに相手がコールした場合、その後のアクションはボードの状況や相手のプレイスタイルに応じて変える必要があります。

その後落ちるカードによってアグレッションを維持するか、慎重にプレイ(チェックコールに回すなど)するかは状況次第です。

たとえば、フロップで自分にツーペアができてチェックレイズし、コールされたとします。

ターンで開かれたカードが、3枚目のハートマークだったら、フラッシュに逆転された可能性が生じます。

それに対して、チェックして様子をみるのか、引き続きベットしてバリューを引き出すことを狙うのかは自分次第です。

Chika

このように悩んだシチュエーションがあったら、GTO Wizardでハンドを解析してみましょう。
ポーカー初心者〜中級者であれば、Starterプランで十分です。

【まとめ】チェックレイズについて

【まとめ】チェックレイズについて

チェックレイズはポーカーで重要な戦略の1つであり、バリューにもブラフにも使うことができるので、プレーの幅が広がる戦略です。

また、アグレッシブな相手を制御する効果も見込めます。

チェックレイズはを上手に使いこなすためには、練習と経験が必要です。