ポーカーの確率|確率表・計算方法を解説

ポーカー(テキサスホールデム)の確率まとめ|確率表・計算方法まで解説

この記事では、ポーカー(テキサスホールデム)において覚えておくべき『確率』について解説していきます。

本記事はこんな方におすすめ!
  • ポーカーはそんなハンドで参加すると勝つ確率が高いの?
  • フラッシュドローやストレートドローが引ける確率とかよくわからない…
  • ポーカーの確率を計算する簡単な手順を知りたい!


ポーカーにおいて確率というものは様々な場面において使用されます

例えば、最初に配られる2枚のカード(スターティングハンド)の勝つ確率から、ボードに出現する5枚のカードと手札で形成される役の確率、またターン(4枚目のコミュニティカード)やリバー(5枚目のコミュニティーカード)で役が完成する確率といったより戦略に直結するものまであります。

ポーカーを楽しむためには様々なポーカーの確率を覚えておくことは大切ですが、この記事ではこれだけ覚えておけば良いといった全ポーカープレイヤーにとって最重要な『ポーカーの確率』についてご紹介します。

この記事のまとめ
  • マルチウェイのとき最も勝率が低いハンドは72o
  • ヘッズアップのとき最も勝率が低いハンドは32o
  • 最も強い役はロイヤルストレートフラッシュで、出現率は約65万回に1度のみ
  • もっとも弱い役はハイカードで、出現率は約17%
  • フロップの時はほしいカードの枚数×4%、ターンの時はほしいカードの枚数×2%で出現する

スターティングハンドの勝率

スターティングハンドの勝率は?

スターティングハンドとは、自分の手札である2枚のカードのことです。

この2枚のカードを見てゲームに参加するかフォールドするかを決めます。

基本的にポーカーにおいてゲームへの参加率は20%~30%前後に収束していきますがどのように参加するか決めているのでしょうか。

参加するスターティングハンドの決め方は、主に2つの考え方があります

参加するスターティングハンドの決め方
  1. ハンドの勝率による考え方
  2. 得られるチップの期待値による考え方

ハンドの勝率による考え方

こちらの表は、それぞれのスターティングハンドが5枚目のコミュニティーカードまで開かれたときの、あらゆるランダムハンドに対する勝率です。

AAAKAQAJA10A9A8A7A6A5A4A3A2KKKQKJK10K9K8K7K6K5K4K3K2QQQJQ10Q9Q8Q7Q6Q5Q4Q3Q2JJJ10J9J8J7J6J5J4J3J21010109108107106105104103102999897969594939288878685848382777675747372666564636255545352444342333222
勝率(%)85.367.066.165.464.763.062.161.160.059.958.958.057.082.463.462.661.960.058.557.856.855.854.753.852.979.960.359.557.956.254.553.852.951.750.749.977.557.555.854.249.950.850.049.047.947.175.154.352.651.046.347.246.445.544.772.151.149.547.745.943.843.242.369.145.546.544.842.740.840.366.245.743.841.840.038.163.343.241.439.437.560.341.139.337.557.038.036.353.735.150.3
※すべてのハンドは同じスーツで構成されているものとして計算しています。(AA等のポケットハンドを除く)

注意する点として、こちらの表はヘッズアップ(1:1)での勝率となっていますので3人等の多人数が参加しているスポットにおいては勝率が変化します。

しかし、その場合においても基本的にヘッズアップの勝率が高いスターティングハンドはそのまま勝利する確率が高いのでこの点も覚えておくといいでしょう。

ビックブラインドのハンドレンジ表

参加するスターティングハンドはランダムハンドに対しての勝率が60%を超えるものを採用するのがいいとされています。

この図においては左上のゾーンで囲われているハンド群(レンジ)で参加する形となります。

ここまでを完璧に覚えた方は、次にポジションによるハンド勝率を考えて参加することを意識しましょう。

  ポーカーでよく聞く『ポジション』って何のことですか?

  ポーカーにおけるポジションとはアクションする順番の事で、ポジションによって参加すべきハンド降りるべきハンドがかわってくるので覚えておきましょう。詳しくは以下の図で説明します!

ポジションの開設図
Pokerchoice_favicon
編集部

AA KK QQ JJ AK AQといったプレミアハンドが配られる確率は1.81%です。
このハンドが来た場合は必ず参加するようにしましょう!
詳しくはポーカールールの記事を閲覧しましょう。

得られるチップの期待値による考え方

参加するスターティングハンドは勝率が高いものを採用するのが基本ですが特別な状況において、勝率が低いハンドで参加することでも期待値がプラスになることがあります。

それは自分のポジションがBB(ビックブラインド)の場合です。

BBの場合すでにチップを場に出しているので、基本的なスターティングハンドの勝率が50%を下回っていても参加した方がチップを得られる期待値としては50%を超えています。

その為、BBにおいては広いハンドレンジで参加することが推奨されているのです。

BBのハンドレンジ表

詳しくはポーカー期待値の記事を閲覧しましょう

ポーカーの役ごとの確率

ポーカーの役ごとの確率は?

ポーカーの役は10個あり、それぞれの役の発生確率を覚えておくことはポーカーの戦略を理解するうえで大切です。
役ごとの発生確率を覚えておけば、自分が持っている役がどれほどの強さを持っているかがわかるようになり実践に生かせるので覚えておきましょう。

これはポーカーの役一覧表です。強さ順に10個の役を並べています。

ポーカーの役一覧
  1. ロイヤルストレートフラッシュ
  2. ストレートフラッシュ
  3. フォーカード
  4. フルハウス
  5. フラッシュ
  6. ストレート
  7. スリーカード
  8. ツーペア
  9. ワンペア
  10. ハイカード
ポーカーの役一覧表

ロイヤルストレートフラッシュの出現する確率

ロイヤルフラッシュとは、1種類の絵柄で、最も数位の高い5枚が連続して揃った役のこと。最強の役で出現率は一番少ないです。

ロイヤルストレートフラッシュ
フロップまでに完成する確率0.00015%
リバーまでに完成する確率0.0032%

ロイヤルストレートフラッシュは、約65万回に1回出現する役で、ほかのどの役よりも強い役となっています。

カジノでは、この役が出現すると数百万円単位の祝儀が発生するほど珍しい役です。

ストレートフラッシュの出現する確率

ストレートフラッシュとは、1種類の絵柄で5枚のカードの数字が連続して揃った役のこと。

ストレートとフラッシュが組み合わさった役と言っていいでしょう。

ストレートフラッシュ
フロップまでに完成する確率0.0013%
リバーまでに完成する確率0.027%

ストレートフラッシュは、約8万回に1回しか出現しない最強の役です。

こちらも、ポーカープレイヤー人生で数度しか発生しないレベルの役となっています。

フォーカードの出現する確率

フォーカードとは、同じ数のカードが4枚揃った役のこと。またの名をクワッズといいます。

フォーカード
フロップまでに完成する確率0.024%
リバーまでに完成する確率0.16%
フォーカードは、出現率0.16%の珍しい役です。

トランプの1デッキには同じ数字が4枚しか入っていないのでそれをすべて集める役であるフォーカードはめったに出ることはありません。

基本的にポーカーでは、フォーカードを持っていて勝負に負けることはないものと思ってください。

フルハウスの出現する確率

フルハウスとは、同じ数のカード3枚でスリーカードが完成していて、残りの2枚のカードも同じ数のペアになってる役の事。

フルハウス
フロップまでに完成する確率0.14%
リバーまでに完成する確率2.60%
フルハウスは、出現率2.6%の役です。

このあたりからようやく実戦でよく出現する役になってきます。

基本的にフルハウスで負けることはほぼありませんが、たまに自分が持ってるフルハウス以上のフルハウスが出てきたり、フォーカードが出てきたりして負けることがあるので注意してください。

フルハウス同士の強さってどう決まるの?

フルハウス内のスリーカードの数字が異なる場合、より大きい数字のスリーカードで構成されたフルハウスの勝利となります。
またスリーカードが同じ数字の場合、フルハウス内のワンペアの数字の大きさで勝敗が決まります。

フラッシュの出現する確率

フラッシュとは、1種類の絵柄の5枚を揃えた役の事。

フラッシュ内での強さは、同じ絵柄の中で1番強い数位を基準に考えられます。

フラッシュ
フロップまでに完成する確率0.19%
リバーまでに完成する確率3.25%
フラッシュの出現確率は3.25%です。

1つの絵柄の総枚数が13枚あるため、まれにフラッシュ同士がぶつかる、フラッシュオーバーフラッシュになることがあります。

フラッシュオーバーフラッシュが発生する確率は0.8%
ほどです。

そういった状況になった場合は気を付けてプレーをするようにしましょう。
フラッシュ同士の強さってどう決まるの?

フラッシュ同士の勝負になった場合、フラッシュを構成している数字の大きさで勝敗が決まります。

ストレートの出現する確率

ストレートとは、5枚のカードの数字が連続して揃っている役の事。

ストレート
フロップまでに完成する確率0.39%
リバーまでに完成する確率4.62%
ストレートが完成する確率は4.62%と比較的多いです。

編集部

Aを使ったストレートは2種類あるよ! AKQJ10 のパターンと5432A のパターンがあります。前者はナッツ(1番強い)ストレートと言い、後者はストレートの中でも一番弱いストレートです!

スリーカードの出現する確率

スリーカードとは、同じ数字のカードを3枚揃えた役の事。

スリーカード
フロップまでに完成する確率2.11%
リバーまでに完成する確率4.83%
スリーカードは4.83%の確率で出現します。

スリーカードの特徴としてはなかなか持っているか分かりにくいという特徴があるのでチップをより多く獲得できる可能性があります。
編集部

自身の手札2枚とコミュニティーカード1枚を用いて作ったスリーカードの事を『セット』
自身の手札1枚とコミュニティーカード2枚を用いて作ったスリーカードの事を『トリップス』 と言います。
セットの方がより相手に分かりにくいのでチップを多くとれる可能性があるでしょう。

ツーペアの出現する確率

同じ数字のカードが2枚揃っているものが2組ある役のこと。

ツーペア
フロップまでに完成する確率4.75%
リバーまでに完成する確率23.50%
ツーペアは、23.5%で出現する役です。

基本的にポーカーはツーペア同士の戦いや、ワンペアとの勝負が多い。

ツーペア同士の勝負の場合より、数位の高いペアを持ってた側が勝利となるので気を付けましょう。

ワンペアの出現する確率

ワンペアとは、同じ数字のカードが2枚揃っている役のこと。

ワンペア
フロップまでに完成する確率32.43%
リバーまでに完成する確率48.74%

ワンペアはポーカーにおいて最も頻出する役です。

ワンペア同士の戦いでは数位の高いペアを持っていた側が勝利となります。

ハイカードの出現する確率

何も揃っていない役の事

ハイカード同士の強さの比較は、数位の高いカードで決まります。

ハイカード
フロップまでに完成する確率50.11%
リバーまでに完成する確率17.41%

ハイカードは、ワンペアの次に出やすい役で17.41%の確率で出現します。

ハイカード同士の強さの比較は、数位の高いカードで決まりあまりチップのかかってない勝負で発生する可能性が高いです。
また別名を『ブタ』と言い、日本人にはこちらの言い方がなじみ深いです。

戦略的に重要なポーカーの確率

戦略的に重要なポーカーの確率

ここからは、より実践的なポーカーの確率について解説いたします。

ここで解説する確率は、未来のカードに関しての確率を示しており各ベッドラウンド以降で何%の確率で役が完成するかがわかります。

また、自分が欲しているカードが次の別途ラウンドで出る確率の簡単な計算方法を確実に覚えておきましょう。

戦略的に重要なポーカーの確率一覧
  1. 2%4%の法則
  2. スーテッド(同じ柄2枚)がフロップフラッシュドローからフラッシュになる確率
  3. フロップオープンエンドからストレートになる確率
  4. フロップツーペアがフルハウス以上に発展する確率
  5. ポケットペアがリバーまでにセットやクワッズになる確率

2%4%の法則

2%4%の法則の図

自分がターンやリバーで役を完成させる際などに、どれくらいの確率(%)で自分が欲する任意のカードを引けるかが簡単に計算できる方法の事です。

計算方法

①自分の欲しているカードの残りの枚数(アウツ)を算出する
②ボードに出る残りのカード枚数を算出する
③上記に2(%)をかける

編集部

アウツとは?
アウツとは自分がボードに現れること求めているカードの総枚数のことです。
例えば、自分がA4を持っている際にAと4がボードに落ちてほしいとすると、残りのAと4の枚数は6枚です。
この6枚のことをアウツと言います。

例 フラッシュドローをターンとリバーで引ける確率

フラッシュドローの計算方法

2%-4%の法則の名前の由来は、ターンなら自分の欲しているカードの残り枚数×4%分の確率があり、リバーでは自分の欲しているカードの残り枚数×2%分の確率があることから。

スーテッド(同じ柄2枚)がフロップフラッシュドローからフラッシュになる確率

スーテッドがフロップフラッシュドローからリバーまでにフラッシュになる確率は約36%です。

こちらは2%4%の法則から計算できます。

ターンまでに完成する確率18%
リバーまでに完成する確率36%

フロップオープンエンドからストレートになる確率

フロップオープンエンドからリバーまでにストレートになる確率は33%です。

ターンまでに完成する確率17%
リバーまでに完成する確率33%
オープンエンドとは
編集部

オープンエンドとは、両面待ちのストレートドローの事で例えば現状6789という役の状況の時に5か10が出ればストレートが完成する状態の事です。

また、ガットショットがリバーまでにストレートになる確率は16.5%です。

ターンまでに完成する確率8.25%
リバーまでに完成する確率16.5%
ガットショットとは
編集部

ガットショットとは、1枚待ちのストレートドローの事で例えば現状67810という役の状況の時に9が出ればストレートが完成する状態の事です。

フロップツーペアがフルハウス以上に発展する確率

フロップツーペアがリバーまでにフルハウスになる確率は約16%です。

ターンまでに完成する確率8%
リバーまでに完成する確率16%

ポケットペアがリバーまでにセットやクワッズになる確率

ポケットペアがリバーまでにセットになる確率は20%です。

フロップで完成する確率12%
リバーまでに完成する確率20%
ポケットペアがリバーまでにクワッズになる確率は約0.3%です。

ポーカーの確率が重要な理由

ポーカーの確率が重要な理由

ポーカーの確率が重要な理由は主に3つあります。

ポーカーの確率が重要な理由
  1. 長期的な期待値を追える
  2. 確率を把握することで戦略を立てやすい
  3. アクションの正誤を数学的に検証できる

長期的な期待値を追える

ポーカーでは、期待値の積み重ねがチップの増減に直接影響します。

期待値の高いプレーを心がけると短期的にチップが減ることはあっても長期的には必ずチップは増えていきます。

期待値とはすなわち、確率の高い行動をとることが必要でそのためにはポーカーの様々な確率を覚えていることは重要であるといえるでしょう。

確率を把握することで戦略を立てやすい

ポーカーで確率を覚えると、次に落ちるカードの確率や相手の役がどの確率で完成してるかが把握できるため、フォールドした方がいいのか、はたまたまだ相手のベッドについていったほうがいいのかなど目に見える指針を立てることができます。

逆にポーカーの確率を知らない場合は、感覚的なものに頼ってプレーをしなくてはならない為自分のプレーに一貫性がなく負けてしまう可能性が高いです。

さらに勉強したい方はポーカートーナメント戦略の記事を閲覧しましょう。

アクションの正誤を数学的に検証できる

自分がとったアクションの正解不正解は、確率を使うことではっきりと検証することができます

最近だと、GTO(Game Theory Optimal)というよりゲーム理論に基づいた最適戦略がポーカーの学習の主流となっています。

GTOの根本は確率の積み重ねから派生しているので、やはり確率というものは重要と言えるでしょう。

ポーカーの確率に関するQ&A

ポーカーの確率に関するQ&A

ポーカーの確率に関して代表的なQ&Aをまとめておきました。

ポーカーの確率に関するQ&A
  1. ポーカーの確率を調べることができるアプリはありますか?
  2. バットビートとは何ですか?
  3. ポーカーAKがヒットする確率は?
  4. HUDとは何ですか?

ポーカーの確率を調べることができるアプリはありますか?

ここではポーカーの確率を計算できるおすすめのアプリを紹介します。

ポーカーの確率に関するおすすめのアプリ

  • NTPoker-ポーカー学習アプリ-
  • ポーカー計算機

NTPoker-ポーカー学習アプリ-

NTPoker-ポーカー学習アプリ- の写真

NTPoker-ポーカー学習アプリ- はポーカーの確率計算ができる日本人が開発したアプリケーションです。

確率計算だけでなく、5つのポーカー学習ができる機能がついているのでぜひ使ってみてください!


NTPoker-ポーカー学習アプリ- の5つの機能
  • GTO分析
  • エクイティ計算
  • プリフロップ確認
  • プリフロップトレーニング
  • 教科書とクイズ

実際にポーカーアプリをダウンロードしたいときはポーカーアプリおすすめの記事を閲覧しましょう。

GTO Wizard

GTO Wizardは、ポーカーで勝つために必須なGTO戦略を効率的に学ぶことができるツールです。

多くのシチュエーションにおける最適解が図書館のように集められており、自分で計算しなくてもWizardで検索をかければ簡単に正解のアクションに辿り付けます。

バットビートとは何ですか?

バッドビートとは、本来確率的には大幅に勝っていても偶然ターンやリバーで落ちるカードが悪く負けてしまうことです。

詳しい例を解説します。

バッドビート開設図

上記のような例は、プロポーカープレイヤーの中でも多々あります。
それがポーカーの醍醐味でもあるのですが、バッドビートを食らってしまった側からするととても悲しい気持ちになりますよね。

バッドビートが原因でティルトと呼ばれる状態に陥って負けてしまうことも多いので気を付けましょう。

編集部

ティルトとは、感情が一律ではなく不安定になってしまうことで本来取らない行動をとってしまったり、合理的な判断ができなくなってしまう状態の事です。

しかし、世の中にはこのバッドビートを救済する『バッドビートジャックポット』と呼ばれるものがあります。

バッドビートジャックポットとは、本来あり得ない確率の勝負に負けてしまった場合敗者に配られる必須のボーナスのようなものです。

大きいものだと1億円を超えるボーナスが支給された例もあります。

筆者も一度、オンラインポーカーであり得ないクラスのバッドビートをくらい5000ドルを手にしました。

他にもポーカープレイヤーの時給についてまとめた記事もあります!

ポーカーAKがヒットする確率は?

AKは、プレミアムハンドと言われる反面よくヒットせずに『すべった!』と言われがちなハンドです。

実際のところ、AKがどの程度の確率でヒットするのかまとめてみました。

フロップまでにAKがヒットする確率36%
リバーまでにAKがヒットする確率60%
AKがリバーまでにヒットする確率は約60%ありました。

基本的にAKは強いですが、ヒットしないと負けてしまうことから扱いづらいといわれることがあります。

そんなAKですがしっかりと強いので安心してプレーしましょう。

またよくぶつかってしまうQQとAKの勝敗の確率はAKの勝利の確率が46%、QQの勝利の確率が54%とほぼ半分の確率で決まります。

HUDとは何ですか?

HUDとは、ヘッズアップデイスプレイの略で、ポーカーのスタッツデータのことです。

ポーカーゲームアプリなどには搭載されていることも多く、自身のプレイを見直したり、相手のデータを見て、どんなプレイをするのか分析することができます。

編集部

プレイが丸裸にされちゃうデータのことなの!?

実際に自身のHUDを確認してみたい人は、ポーカーアプリなどで遊んでみてはいかがでしょうか?

ポーカーの確率に関するまとめ

ポーカー確立に関するまとめ

この記事では、ポーカーの確率について解説いたしました。

ポーカーは、確率という数学的な要素が大きくかかわってくるマインドゲームですが、ある程度この記事内の確率を暗記しておけばあらゆる場面で初心者でも対応できると思います。

この記事には、ポーカーで覚えるべき確率がまとまって記載されているので是非参考にしてみてください!