ポーカーにおけるカウンティング | その実態について解説

PokerChoiceを信頼できる理由
  • ポーカーの専門家5人による情報の提供・発信(ライター・監修者一覧
  • ポーカープロ・大型トーナメント上位者による記事監修
  • 実際の生データによる検証・実験
  • 第三者からの客観的な評価軸による発信(コンテンツ制作ポリシー

戦略や評価を含むPokerChoiceのコンテンツは、ポーカープロや国内外大型トーナメント上位者を含む編集者のチームによって監修されています。コンテンツ編集者は、編集の完全性に関するPokerChoiceの厳格なガイドラインに従います。

本記事はこんな方におすすめ!
  • ポーカーのカウンティングって何?
  • ポーカーにカウンティングがあるのか知りたい
  • ポーカーのアウツって何のこと?

ポーカーのカウンティングという言葉を聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。

しかし、実際にポーカーのカウンティングという言葉を知っているという人はあまり聞いたことがない印象があります。

そこで、この記事では、ポーカーのカウンティングとは一体何なのか説明していきたいと思います。

Chika

長年ポーカーをプレーしてきた1プレーヤーとして、ポーカーのカウンティングとは何?という疑問に答えていきます!

この記事のまとめ
  1. ポーカーでカウンティングは使われない
  2. カウンティングの代わりにアウツを理解しよう
  3. アウツを数えることはポーカーの勝率を上げることができる
  4. オッズはアウツの枚数から求められる

この記事のライター
Chika 27歳・ポーカー歴4年
ライブトーナメント獲得賞金額1,500万円超

MTTが得意で年間7~8回ポーカーのために海外遠征する

ポーカーにカウンティングはあるの?

ポーカーにカウンティングはあるの?

結論として、ポーカーにおいてカウンティングは使われないです。

カウンティングは、ブラックジャックなどで使われることの多い勝率を高めるための方法ですが、ポーカーにおいてはカウンティングは使われません。

ポーカーでカウンティングが使われない理由は下記で紹介しています。

ポーカーはカウンティングがない代わりに、アウツと呼ばれるものが存在しています。

Chika

カウンティングの代わりにアウツを理解しましょう!

ポーカーにカウンティングがない理由

ポーカーにカウンティングがない理由

この章では、ポーカーにカウンティングがない理由について説明します。

ポーカーにカウンティングがない理由
  1. 1デッキしか使わない
  2. 毎ゲームごとにデッキがリセットされる
  3. 公開されている情報は目に見えている

1デッキしか使わない

ポーカーはブラックジャックなどのゲームとは異なり、1デッキしか使いません。

1デッキしか使わないことに加えて、毎回リセットされるため、判断材料は場のカードと手札のカードの7枚しかありません

これがカウンティングの優位性を大きく下げています。

毎ゲームごとにデッキがリセットされる

ポーカーは毎ゲームごとに全てのカードが回収、シャッフルされる。

そのため、出てきたカードを覚えたとしても、毎ゲームごとにリセットされてしまいます。

公開されている情報は目に見えている

ポーカーは自分の知りうる情報は目で見ることが出来ます。

ブラックジャックは、それまでに出たカードは記憶していないと知ることはできません。

しかし、ポーカーは常にデッキがリセットされるため、今あるハンドと場にあるカードだけがプレーヤーのわかる情報になります。

そのため、前に出てきたハンドやカードを覚える必要がありません。

ポーカーのアウツについて

ポーカーのアウツについて

カウンティングはポーカーにおいて使われませんが、代わりにアウツと呼ばれるものが存在します。

アウツとは、役がまだ完成していないハンドを持っているときに、役を完成させるために必要なカードのことを言います。

また、役を作るために必要なカードがある状態のハンドのことをドローハンドと言います。

アウツの枚数と確率

主なドローハンドにおけるアウツの枚数とそれを引くことのできる確率について説明します。

アウツの枚数と確率
  • フラッシュドロー
  • オープンエンドストレートドロー
  • ガットショットストレートドロー
  • オープンエンド+フラッシュドロー
  • ガットショット+フラッシュドロー

フラッシュドロー

フラッシュドロー

フラッシュドローはあと1枚欲しいスートのカードを引くと、フラッシュになるハンドのことです。

例えば、場に2枚のスペードが落ちていて、自分が2枚のスペードを持っているというような状況です。

フラッシュドローは自分と場のカードの4枚を除いた残り9枚の同じスートのカードがアウツとなります。

フロップのフラッシュドローがリバーまでに完成する確率は35%です。

Chika

フラッシュドローは完成した際に、とても強い役になるので、基本的に降りない方が良いです。

オープンエンドストレートドロー

オープンエンドストレートドロー

オープンエンドストレートドローは、二面待ちのストレートドローのことで、連続した4枚の数字が出来上がっている状態のハンドのことを言います。

例えば、場に8と9が落ちていて自分が7と6を持っている時などです。

オープンエンドストレートドローのアウツは前後の数字となるため、8枚あります。

フロップのオープンエンドストレートドローがリバーまでに完成する確率は31.5%です。

Chika

確率的に3回に1回くらい引けます。

あんまり期待しない方が良いかもしれませんね。

ガットショットストレートドロー

ガットショットストレートドロー

ガットショットストレートドローは、特定の一枚を引くことによってストレートが完成する状態のハンドのことを言います。

例えば、場に6と7があり、自分のハンドに8と10がある時などの状態です。

ガットショットストレートドローのアウツは特定の数字だけなので、4枚になります。

フロップのガットショットストレートドローがリバーまでに完成する確率は16.5%です。

Chika

基本的に欲しいカードを引くことが出来ないです。

相手からのベットには基本的に降りることを考えます。

オープンエンド+フラッシュドロー

オープンエンド+フラッシュドロー

オープンエンド+フラッシュドローはオープンエンドとフラッシュドローがどちらも存在する形になります。

例えば、場に7のハートと8のハートがあり、ハンドが9のハートと10のハートがあるというような状態です。

このドローは同じスートのカード9枚とそのスートのカードを除いた前後の数字のカード6枚を合計した15枚あります。

フロップのオープンエンドフラッシュドローがリバーまでに完成する確率は54.1%です。

Chika

とても強いドローハンドになります。

フロップ、もしくはターンで欲しいカードを引ける確率が50%以上あるので、降りることはありません。

ガットショット+フラッシュドロー

ガットショット+フラッシュドローはガットショットとフラッシュドローがどちらも存在している形となります。

例えば、場に7のハートと8のハート、自分のハンドに9のハートとJのハートがあるといった状態のハンドのことを言います。

このドローは同じスートのカード9枚とそのスートカードを除いた特定の1種類のカードの3枚を合計した12枚あります。

フロップのガットショットフラッシュフォローがリバーまでに完成する確率は45%です。

Chika

とても強いドローハンドです。

コールだけでなく、レイズの選択肢もあると良いと思います!

積極的にアクションするようにしましょう。

2倍4倍の法則

オッズの計算をする際に、2倍4倍の法則を使うと計算がとても簡単です。

2倍4倍の法則とは、アウツをもとにオッズをおおよそのパーセントの形式で求めることができる法則です。

2倍4倍の法則の使い方
  • フロップでターンのオッズを求めるためにはアウツに2をかける
  • ターンでリバーのオッズを求めるためにはアウツに2をかける
  • フロップでリバーのオッズを求めるためにはアウツに4をかける

上記で表したように、2か4をアウツにかけることによって、シチュエーションに基づいたオッズを求めることができます。

例えば、フロップのオープンエンドストレートドローが、リバーまでに完成できる確率を求めたいときに、この法則を使うと8×4で32%となります。

実際の確率は31.5%なのでほぼ正確な値を導くことが出来ます。

アウツを理解すると良い理由

アウツを理解すると良い理由

アウツを理解することはポーカーの勝率を上げるのに役立ちます。

ポーカーはただ単に役を作るゲームではありません。

その役がどのくらいの確率で完成することができるのか、またそれを完成させるためにどのくらいチップをかけることができるのかを計算する必要があります。

アウツを知っていることによって、持っているハンドがどのくらいの確率で完成して、どのくらいチップをかけることができるかを計算することができます。

Chika

ポーカーのアウツや必要勝率に関する詳しい記事はこちらです。

ポーカーのアウツとブラックジャックのカウンティングの違い

ポーカーのアウツとブラックジャックのカウンティングの違い

ポーカーにはカウンティングはないですが、ブラックジャックにはカウンティングがあります。

これらの違いについて説明します。

ポーカーのアウツとブラックジャックのカウンティング
  • 複数デッキの使用
  • 毎ゲームごとにリセットされないデッキ

複数デッキの使用

ブラックジャックではポーカーと違い、4や8つのデッキが使われます。

複数デッキでリセットされずにゲームが進むため、何がデッキに残っているのかを知ることが重要となります。

毎ゲームごとにリセットされないデッキ

ブラックジャックでは毎ゲームごとに、デッキがリセットされていないため、継続してカウンティングをすることが可能です。

これまでに出たカードを覚えていくことで、何がデッキに残っているのかを予想することが出来ます。

ポーカーのカウンティングに関するQ&A

ポーカーのカウンティングに関するQ&A

ここまで記事を読んだ人の中には、ポーカーのカウンティングについて理解しきれている人は少ないのでしょうか。

この章では、ポーカーのカウンティングに関するよくある質問について答えていきます。

ポーカーのカウンティングに関するQ&A
  • アウツはポーカーの勝敗に大きく関係しているのか?
  • ポーカーでカウンティングをしても良いの?
  • ポーカーでカウンティングが有利に働く場面はないの?

アウツはポーカーの勝敗に大きく関係しているのか

アウツを理解することは、ポーカーにおいてとても重要なことです。

ポーカーをプレーする際にはオッズを計算する必要があるので、その際にアウツの枚数と確率を知っていると、正しくプレーすることが出来ます。

ポーカーでカウンティングをしても良いの?

先ほど、ポーカーにおいてはカウンティングを使用しないと言いました。

しかし、カウンティングが禁止されているわけではないです。

カウンティングが使用されないのは、それがポーカーをする上で優位に働くことがないからです。

ポーカーでカウンティングが有利に働く場面はないの?

ポーカーを実際にプレーしていて、カウンティングが優位に働くということはありません。

ポーカーをプレーしている際に公開されるカードは、リバーまで含めても7枚で、他のプレーヤーがエクスポーズ(誤って自分のカードを見せてしまうこと)したとしても数枚増えるだけです。

意識してカウンティングをするほどの情報量ではありません。

【まとめ】ポーカーにカウンティングはあるの?

【まとめ】ポーカーにカウンティングはあるの?

この記事では、ポーカーのカウンティングについて解説してきました。

ポーカーにおいて、「カウンティングが使われることはない」です。

しかし、アウツの計算はとても重要な要素の一つであり、それを習得することはポーカーの上達に繋がります。

皆さんもアウツを理解して、もっとポーカーを上手にプレーできるようになりましょう。